構造計算適合性判定業務

指定構造計算適合性判定機関の指定

一般財団法人長野県建築住宅センターは、平成19年6月7日に長野県知事から指定構造計算適合性判定機関の指定を受け、同年6月20日から構造計算適合性判定業務を行っています。

これに加え、平成22年6月1日から「任意」の構造計算適合性判定業務を行っています。

構造計算適合性判定業務を円滑に進めるため、事前相談をお受けします。相談の方法等につきましては、適合判定室までお問い合わせください。

業務内容

高さ20mを超える鉄筋コンクリート造の建築物など、長野県内に建築予定の構造計算適合性判定を必要とする建築物の判定業務を行います。
また、平成22年6月1日から「任意」の構造計算適合性判定も行っています。対象の建築物は、長野県が平成22年4月7日付け22県指第31号で通知した「任意の構造計算適合性判定実施要領(PDF)」の3の建築物です。

業務期間

構造計算適合性判定の申請図書等を受理した日から14日以内に適合性判定結果を記載した通知を申請者に交付します。ただし、期間内に交付することができない合理的理由があるときは、35日の範囲において期間を延長します。

規程・約款

  • 業務規程PDF